風邪・インフルエンザ予防に麻の実のススメ

先日今年のインフルエンザのピークがやってきたと
ニュースで報道されていました。

インフルエンザは11月~3月くらいまでで
今が一番かかりやすいとのこと。

風邪予防にはバランスの取れた食事が必須ですが
特に
たんぱく質・抗酸化力のあるビタミン類(A,B,C,E)・亜鉛
を摂るのがおすすめだそうです。

たんぱく質は
カラダの免疫機構(免疫グロブリンなど)の材料でもあり
基礎体力をつけるのにも欠かせない栄養素。

麻の実にはたんぱく質を構成する
体内では合成できない必須アミノ酸全種類が含まれています。
しかも麻の実特有のたんぱく質は免疫グロブリンの構成に近く
消化吸収が良いといわれるエディスティンたんぱく。

亜鉛は代謝や免疫機能に欠かせないミネラルですが
鉄の10倍も汗など体外にで排出されてしまうのだそうです。
亜鉛は植物性蛋白質と摂ると吸収されやすいのだそうですが
麻の実は上記の通り消化の良い植物性たんぱく質・亜鉛を兼ね備えています。
鉄・銅・マグネシウム他
カラダの細胞を構成する必須脂肪酸も豊富です。

ビタミン、特にAとCは残念ながら含まれていないのですが
それらが豊富な緑黄色野菜と麻の実を一緒に摂って
美味しく風邪予防してみてはいかがでしょうか?
ちなみにそこに麻の実油をほんの少しプラスして
ビタミンAの吸収率を高めて。

ちなみにあくまでも風邪予防食のお話なので
既に風を引いてしまったら
先ずはもっと消化の良い
おかゆやスープなどを食べてくださいね☆