良質なたんぱく質が豊富!

1997 当社代表がベルリンで開催されたカンナビス・フェアを見学。そこで麻の実ナッツと麻の実油を発見し、「日本で広めたい!」とテンションがあがる。早速ドイツ製品の麻の実のサンプルを入手したものの、品質がいまいちだったため、他の入手先を探すことに。
1998 カナダで産業用大麻の栽培が合法化!
1999 ヘンプオイルカナダ社の創立を知り、代表が同社の工場を訪問。 創立から間もないこの頃のヘンプオイルカナダ社は、創始者ショーンさん(Shaun W. Crew)の他はスタッフ1人のみ。まだまだ小さな会社ではあったが、ショーンさんの情熱に触れ、同社から麻の実を輸入しようと決意。
当時は加熱した麻の実でなければ輸入ができなかったので、日本向けに処理をお願いしてみたところ、まさかの快諾。面倒な作業だったはず・・・ありがとう、ショーンさん!
が、喜ぶのはまだ早い。当時は前例のなかった食用の麻の実の輸入にどれほど煩雑な手続きが待っているか、このときは知る由もなかった・・・。
カナダからの輸入を決めつつも、他にも輸入先がないものかと念のため探っていたところ、日本で知り合った中国人のつてで中国 黒竜江省での契約栽培を試みることに。 カナダから取り寄せた種で農薬を使わずに2年間試行錯誤を続けるも、収穫量が少なく、品質面でも商業ベースに乗せられず断念。結局カナダの麻の実一本でいくことを決意。
ヘンプオイルカナダ社から麻の実が日本に到着。発芽しないよう加熱しているので、厚生労働省(当時は厚生省)による発芽検査※は難なくパスするだろうと思っていたが・・・次々と書類の催促が! ※一粒でも発芽すると廃棄が待っています。
カナダ政府発行のこの書類を提出するように → 提出 → 次はあの書類を出すように・・・
これを何度繰り返したことか。何度も書類を用意してくれたショーンさんやカナダ政府の懐の深さに感謝。最終的には粘り勝ち(?)で輸入に成功。
この頃無謀にも日本初の麻の実料理専門店「レストラン麻」をオープン(~2010年)。
2001 株式会社ニュー・エイジ・トレーディング設立
本格的に麻の実食品の輸入を開始。
2007 「ヘンプキッチン」ブランドを立ち上げる。
本格的に卸販売を開始。
2001年以降、麻の実食品を扱ってくださる店舗様や卸業様が徐々に徐々に増えて参りましたが、カナダの天候不順や工場の火災など様々な出来事があり、何度か欠品することもございました。多大なご迷惑をおかけしたにも関わらず、変わらず麻の実食品をご愛顧くださる皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

今後も麻の実食品のパイオニアとして厳選した麻の実をお届けするとともに、麻の実を通して皆さまの健康的な食生活のお手伝いができますよう、スタッフ一同努めてまいります。

良質なたんぱく質が豊富!

社名
株式会社ニュー・エイジ・トレーディング
責任者
代表取締役 前田耕一
所在地
東京都世田谷区北沢3-5-9 4F
連絡先
TEL 03-5738-1423  FAX 03-5738-1428
設立
2001年
資本金
1,000万円
事業内容
麻の実食品の輸入・販売
主要取引銀行
三井住友銀行/みずほ銀行/三菱UFJ銀行/昭和信用金庫
主要取引先
オーサワジャパン(株)/Rakuten Direct㈱/(株)ビオ・マーケット など