月別アーカイブ: 10月 2015

麻の実(ヘンプシード)はどれくらい食べる?


お客様から
「麻の実は一日どれくらい食べたらいいの?」
というご質問をいただくことがあります。

麻の実は・・
食品なので特に上限下限はないのです。。
栄養価の目安として食品成分表示があります。
例えば麻の実ナッツや有機ヘンプパウダーを
30g(大さじ軽く山盛り2杯)摂ると
成人が一日に必要な鉄・銅・亜鉛・マグネシウムを摂取できる
といった具合です。

体質というのは本当に人それぞれで
Aさんに合うものがBさんに合うとは限らず(アレルギーなど含)、
体調によっても大きく左右されますね。

ですので、
ヘンプキッチンでは先ずは少量から食べ続けていただき、
カラダの声を聞きながら
量を加減していただくことをおすすめしています。

また、
どの商品(麻の実ナッツ・麻の実油・ヘンプパウダー)が一番いいの?
というご質問もいただきます。

同じ麻の実100%の商品でも
ちょっとずつ特徴(栄養成分)に違いがあります。
タンパク質が豊富、必須脂肪酸で構成されている、食物繊維を含む、
などなど。

製品それぞれの栄養価は下記URLをご参照いただくとして・・

http://www.hempkitchen.jp/nutritional.html

まんべんなく摂ることを考えた場合
ヘンプキッチンを代表?して私の食事例を記載します。

朝食) ヘンプパウダー大さじ1強(15gくらい)
ヨーグルト・バナナやりんご・はちみつとともに
他ライ麦パン

昼食) 麻の実油 小さじ1弱くらい ※時折麻の実ナッツに変更
味噌汁や納豆に
他おにぎりと簡単な惣菜

夕食) 麻の実ナッツ小さじ2弱
とりあえず玄米ご飯かおひたしにふりかけます。
他煮物焼き物
※2日に1度サラダなどに麻の実油少々

という感じですね。。

勿論毎日3食必ず摂取しているわけではなく、
時には抜いたりもします☆

麻の実ナッツが多い時もあれば麻の実油が多い時もあり、
一日のうちにこれくらいとれればいっか☆と
ユル目で考えるほうが継続しやすいと思っています。

何よりも、
美味しく食べることがカラダにとってもココロにも一番!
だと思います。

あまりご参考にはならなかった・・かな。

カテゴリー: お客様の声, スタッフ日記, 未分類 | コメントをどうぞ

麻の実ナッツと麻の実油でおにぎりを♪


植物オイルが体にいいと言われて
いろんなメディアでも紹介されていますね。
最近ちまたで「おいぎり」なる食べ方も提案されているそうです。

「おいぎり」とは、
「オイル」+「おにぎり」
つまりおにぎりのごはんにオイルを絡めてから
握っておにぎりにする。

なるほど~と思いつつ
ヘンプキッチンは既に麻の実(ヘンプ)入りおにぎりは美味しい!と
提案しまくっていたじゃないか!!と。

早すぎたのでしょうか、笑

ともあれ、
麻の実とご飯はよく合うのです。

鉄板は
麻の実ナッツ + ゆかり + 麻の実油を少し
麻の実ナッツ + 青のり + 塩 + 麻の実油を少し

で、
かつて&今も私が愛してやまないのは・・
麻の実ナッツ + すりゴマ + 塩 + 黒糖 + 麻の実油を少し!
※黒糖をほんの少し、がいい隠し味。
麻の実ナッツ + 塩昆布 + 七味唐辛子 +麻の実油を少し!
※大人風味☆ お子様には七味抜きで。

おにぎりにといいましたが・・
すべて乾き物食材でできてしまう
作り置きできる「ふりかけ=ごはんのおとも」ともいえます。

あ、ごくごくシンプルに麻の風味を楽しむなら
「麻の実ナッツと塩少々」をごはんにかけて是非☆

カテゴリー: おいしいレシピ, スタッフ日記, 未分類 | コメントをどうぞ

ショコラ&アキトさん +ちょこっと麻の実


アーティストのショコラ&アキトさん

https://www.facebook.com/ChocolatAkito

うちのスタッフも大好きな素敵なご夫婦です☆

お二人のインスタグラムで
ヘンプキッチンの麻の実を紹介いただきました!

http://bit.ly/1YSONzJ

インスタグラムをみては
ショコラさんのお料理のレベルの高さに
いつも感心しきりのヘンプキッチンスタッフ。
卵が先か、鶏が先かではありませんが
お二人の素敵な音楽とともに料理が生まれ
素敵な料理とともに音楽が生まれる・・
ような循環を(勝手に)感じています。

ショコラ&アキトとして
ライブの他アルバムの作成中らしく、
アキトさんはGREAT3も再始動されています。
(余談ですが私の妹がGREAT3ファンなのです)

http://www.great3.com/

麻の実がお二人のエネルギーの一つになると
とっても嬉しいヘンプキッチンスタッフなのでした。

カテゴリー: おいしいレシピ, スタッフ日記, 未分類 | コメントをどうぞ