月別アーカイブ: 8月 2012

ヘンプフードとスムージー☆


海外ではスムージーの材料としても人気のヘンプフード。

ヘンプキッチンでも、“麻の実をスムージーに加えてます”というお声をいただくことが増えてきました。

とくに麻の実粉を混ぜるとたんぱく質と食物繊維が補給できて、朝食にピッタリ、、ということらしい。。

スムージーは凍らせた果物や野菜をブレンだーにかけて作る、とろみのある飲み物。

The Juice and Smoothie Associationのサイトによると、スムージーはフルーツが豊富な南アメリカで親しまれていたフルーツドリンクがもとになっているようです。

1960年代から健康志向の高まりとともにカリフォルニアを中心に人気を集め、さらに1990年代になると全米でスムージーバーが急増。

バリエーションも豊かになって、果物・野菜だけのシンプルなものから、ミルク,フローズンヨーグルトや豆乳、さらにはビタミン・ミネラルやハーブを加えたものまで・・・

ミルクや豆乳を加えるとミルクシェイクに近い気もしますが、ミルクシェイクはアイスクリームを使った飲み物を指すらしい・・・

材料を凍らせず、生姜などカラダを温める食べ物を加えて楽しむ秋・冬スムージーもあるみたいです。

麻の実粉入りスムージー・・・個人的に麻の実粉はバナナととっても相性がいいと思う。。
ひさびさに作ってみようかな~まだまだ暑いし!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ヘンプキッチンの麻の実の生まれは・・・


「ヘンプキッチンの麻の実の産地はどこですか?」というお問い合わせをいただくことがあります。

改めて・・・ヘンプキッチンの麻の実は100%カナダ産です!

↓↓殻付きの麻の実

カナダにおける栽培の歴史をみてみると・・・1606年にフランス人の植物学者ルイ・エベール(Louis Hebert) が現在のノバスコシア州に初めてヘンプを植えた、という記録が残っているようです。

東欧からの移民がヘンプの種を持ち込んで食用に栽培したり、中国人移民が薬用・食用に用いたりするなど、20世紀にはいるころにはすっかり馴染み深い植物になっていたとか。

ところが20世紀初めにアメリカ合衆国とカナダでヘンプが非合法化されてしまい(正式には1938年に栽培中止)、食用・産業用ヘンプの栽培が再び認められたのは1998年、わりと最近になってからです。

食用・産業用ヘンプの学名はCannabis sativa Lですが、いわゆる向精神作用をもたらす種類(薬用ヘンプ)とはかけはなれています、念のため。。

ひとことでCannabis(カンナビス)といっても、500種類以上あるらしい・・・品種改良によって繊維に適した種類、食用に適した種類が作られてきたんですね。

あ、これもよく質問されるのですが、、、
カナダで栽培されている食用・産業用ヘンプは遺伝子組み換え作物ではありません!

ヘンプキッチンの麻の実は交配によって品種改良されてきたものですので、安心してお召し上がりください♪

参考:The Canadian Hemp Trade Alliance
画像資料:Wikipedia

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ヘンプキッチンスタッフのつぶやき①


山形産の大玉スイカが届きました。
ほんと大きい・・・2歳児を抱っこしたときの重さを思い出す・・・

↓↓↓スイカの切り方にこだわりのあるスタッフ入魂のスイカ盛
大きさがほぼ揃っているところがスゴイ・・・

スイカって大勢でワイワイ食べるとおいしさ倍増♪スイカの思い出話で盛り上がりました☆

そうそう、スイカといえばスイカ割り!

誰が何のために始めたのやら。。と思い、ネットで検索していたら・・・・

「日本すいか割り推進協会」なるものを発見!!
同協会認定の公式ルールなるものがあるそうですっ

興味がある方はJAみちのく村山のサイトをご覧ください。スイカ割りの起源も載っています♪

 

 

 

 

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントをどうぞ

麻の実ナッツ(ヘンプシードナッツ)の表示について☆


麻の実ナッツの袋に“栄養機能食品”と書かれていますが、これは何ですか??」
というご質問をいただきました。

栄養機能食品とは

高齢化やライフスタイルの変化等により、
通常の食生活を行うことが難しく1日に必要な栄養成分を取れない場合に、
その補給・補完のために利用してもらうための食品

であり、

1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、
国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、
その栄養成分の機能の表示が可能

です。

表示の対象となる栄養成分は、人間の生命活動に不可欠な栄養素であるミネラル5種類とビタミン12種類。

麻の実ナッツの場合、銅・鉄・亜鉛・マグネシウムの4つのミネラルについて栄養機能表示ができるのです☆

栄養機能表示は決められていて、例としては・・・
は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
は、 赤血球を作るのに必要な栄養素です。
亜鉛は、 皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
など、など。

また、栄養機能食品として表示が必要な事項がいくつかあり、摂取の方法及び摂取する上での注意事項(注意喚起表示)もそのひとつ。

例えば“本品は多量摂取により疾病が治療したり、より健康が増進するものではありません。”といった表記ですね。。

栄養機能を期待しすぎたり、効果を期待するあまりに摂取しすぎたりしないよう、摂取をするうえでの注意事項、注意喚起の表示が義務付けられているのです。

ちなみに・・・麻の実ナッツの1日当たりの摂取目安量(30g)に含まれる4つのミネラルの量が栄養素等表示基準値に占める割合は、銅: 100%  鉄: 50%  亜鉛: 34%  マグネシウム: 67%。
これも“表示が必要な事項”です。

食品表示にはいろいろな決まりが・・・奥が深い!!




 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ